Q&A

システムについて

  • 日常点検は必要ですか?
  • システム機器の表示ユニットによる確認程度であとはございません。
  • 毎日のシステム操作は何かありますか?
  • 自動運転・停止なので一切ありません。
  • システムの中で日常の消耗品、ランニングコストはありますか?
  • 機器自体に駆動部・回転部がないためで一切ありません。

発電量について

  • 発電量は季節によって差がありますか?
  • 発電量の大小をきめる要素として、日射量(日照時間)、気温の上昇などがあり
    日照時間のながい8月、気温が涼しい5月が発電量が多いとされています。
  • 発電量は方位やパネル傾斜角度でどのくらい違いが生じるのでしょうか?
  • 方位については真南が最適。これを100%とすると西南・東南は95%、真東・真西は85% 北面になると65%とかなりの差が生じます。設置角度は30度前後が効率がよい受光角度といわれております。

メンテナンスについて

  • 地震や停電のときは動きますか?
  • 太陽光があたっていれば自動的に系統(買電や売電システム)から切り離されて発電を行います。 復旧後も自動的に系統システムに戻ります。
  • 屋根の修理・塗り替えの時は?引越し・建て替えの時は?
  • 設置工事の状況によってはいったん架台を取り外す必要がある場合があります。
    取り外しても再設置すれば問題なくお使いいただけます。
    建て替えなどの新しい屋根には、新たにそれ用の仕様にする必要があります。
  • 工事期間は?
  • ご相談・ご契約~設置終了、電気会社の立会い等、おおむね1~2ヶ月程度とお考えください。
  • 設置後の保守点検などは誰がするのですか?
  • アフターフォーローは私共、日天株式会社の担当者がお伺いし、調査・確認いたします。
  • 太陽電池の寿命はどのくらいですか?
  • 設置環境などにもよりますが、太陽電池モジュールで20~30年
    パワーコンディショナーは10年~15年とされております。

費用について

  • 補助金制度をうまく利用したいのですが、いくら支給されるのですか?
  • お住まいの地域・設置時期・システムの容量によって異なります。まずはご相談ご連絡くださいませ。
  • どうすれば導入コストを下げられますか?
  • 導入設置にあたり何を重要視してお考えになるかで違って参ります。
    導入コストは低いが、発電効率も低くなる場合もありますし、発電量を増やしたいならば、設置面積を広げる必要が出てきます。設置の物理的環境も影響大ですので、ひとつひとつの製品コストというよりもシステム全体で考慮する必要がございます。様々な事例を踏まえ、ご提案をさせて頂きたく存じます。
  • システム導入について、費用を分割払い(ローン)できますか?
  • 各種信販会社のご利用ができます。
  • 保証期間はいつまでですか?
  • 構成機器の不具合はもちろん、太陽電池モジュールの出力低下に対する保証
    システムを構成する機器の保証については10年間の保証をご用意いたしております。

その他

  • 太陽光発電だけで家で使う電気をすべてまかなえますか?
  • 夜間は発電しませんので、すべてをまかなえるわけではありません。
    システムの容量によっても違いますが、押しなべて買電の深夜割引契約や余剰電力の売電などで約70%の電気代が節約できる統計がとれています。
  • 台風や強風などで太陽光パネルが落ちる心配は?
  • 3kwという平均的な太陽光発電システム設置の場合、20㎡~30㎡の屋根面積に300~450kgの荷重がかかることになります。
    これらの内容は厳しい建築基準法に則って施工されますのでご安心ください。
  • はたして元は取れるのでしょうか?
  • こ受け取り方になってしまいますが、住居に住まいし続けます限り、元は取れると考えます。 ただ、何年かかるかの問題でしょう。
    太陽光発電システムの総コスト、現在かかっている電気料金や補助金制度の利用 売電単価の大幅アップ(2倍)などの様々な要素から割り出すことはできますが、今を含め 向こう数年の追い風ムードは以前のそれと比べますとかなりの割安感があることは事実です。